毎日自転車オンリーの生活を追っています。 そして、勝手な独り言で政治に文句をつけています。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最期の一撃 第十七話 二つの歴史の証言

コピペ オッケーなので「オールコピペ」です。

ここから

昭和16年9月6日の御前会議で、昭和天皇は明治天皇の御製を読み上げられ、永野軍令部総長が発言を求めた。

昭和天皇
「よもの海みなはらからと思う世になど波風のたちさわぐらむ」

永野軍令部総長
「政府側の陳述によりますれば、アメリカの主張に屈服すれば亡国が必至であるということでありますが、戦うも、また亡国であるかも知れません。

すなわち、戦わざれば亡国必至、戦うも、また亡国を免れないとするならば、戦わずして亡国に委ねることは身も心も民族にとって永遠の亡国になりますが、戦って護国の精神に徹するならば、たとえ戦いに勝たずとも、祖国護持の精神が残って、我々の子孫はかならず再起三起するでありましょう。」

この御前会議の決定を受けて、9月7日、開戦の決意をしたことをアメリカ駐在の野村大使に暗号電報で訓令した。しかし、すでにこの暗号電報はアメリカ側によって解読され、アメリカは日本が開戦準備を始めたことを知っていた。それにもかかわらず、アメリカは12月まで無理難題を要求し続け、ハワイ奇襲の情報も隠匿していた。

ここまで

コピペは便利ですね。
間違わないから!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※メールアドレスは表示されません。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://autodoaplus.blog16.fc2.com/tb.php/800-5e11012c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。